iDeCo 個人型確定拠出年金 税制優遇があるって本当?

iDeCo 個人型確定拠出年金 税制優遇があるって本当?

老後生活資金を確保する方法として話題になっているのが、iDeCo(イデコ)NISA(ニーサ)です。

この2つはどちらも税制面で優遇されることからよく比べられるんですが、その性質はずいぶん違います。

今回は、iDeCoについてご説明していきます。

 

 こんな方におすすめ 

☑老後の生活資金のために運用を考えている方

☑iDeCoって何?と思われている方

 

 

NISAについてはこちら

 

つみたてNISAについてはこちら

 

iDeCoとは

お金 時計 コイン

iDeCoってなに?

iDeCoとは、「個人型確定拠出年金」のことで、投資信託などを積み立てながら老後の生活資金の備えをする制度です。

自分で運用し、60歳以降給付金として受け取るものです。

NISAも投資信託などで運用しますが、解約は自由にできるところが大きな違いです。

 

3つのポイント

①毎月の掛け金(積立)は、5,000円から、1,000円ごと。上限金額があり、職業や企業年金の加入有無によって異なります。

【例】

  • 専業主婦→毎月23,000円
  • 公務員 →毎月12,000円
  • 会社員(企業年金加入) →毎月12,000円
  • 会社員(企業年金未加入)→毎月23,000円

 

②60歳から引き出し可能
それまでは急な入院費用や子どもの結構費用として引き出したくてもできないため注意が必要です。

また、60歳までに掛け金積立期間が10年未満の場合は、10年に到達するまで引き出せません。

 

③3つの税制優遇
「積立時」「運用時」「受取時」、それぞれに税制面で優遇されています。

 

iDeCoの税制優遇

牛 お金 ドル紙幣

積立時

掛け金は全額所得控除され、所得税や住民税の負担が軽減されます。

【例】所得100万円

掛け金無し→100万円に対して課税

掛け金毎月1万円、年額12万円→
100万円-12万円=88万円に対して課税

 

運用時

運用益は全額非課税

【例】

一般の投資運用益100万円→20%課税

iDeCoで運用益100万円→全額非課税

 

受取時

受け取る際は課税対象だが、各種控除が適用されます。

【例】

年金で受け取る →公的年金控除

一時金で受け取る→退職所得控除

 

メリットとデメリット

かえる 巾着 お金

メリット

3つの税制優遇が受けられること

 

デメリット

  • リスク商品である
  • 原則60歳までは受給することができない
  • 中途での解約はできない(金額の見直しは可能)
  • 手数料がかかる

手数料は年間約5,000円ほどかかります。

取扱金融機関や国民年金基金連合あてです。

掛け金が少ないと手数料ばかり取られているような感覚を持ってしまいますので、納得いく掛け金の金額に設定しましょう。

 

まとめ

 

iDeCoとはその名の通り、「年金」として受け取るものです。

長期に投資し老後生活資金として準備するための制度です。

一方NISA,とりわけ「つみたてNISA」は、同じように毎月一定額を積み立て投資しその運用益に対して非課税になるため似ているようにみえますが、解約や引き出しは自由にできるため、若い世代でも扱いやすい資産形成方法として活用されています。

どちらもその性質は大きく異なりますので、どちらが自分にあっているか、どちらをやってみたいかなど、十分検討してくださいね。

 

iDeCo公式サイトはこちら

ぜひ参考にしてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

お金のことカテゴリの最新記事